2013年10月6日日曜日

GPUの威力(3) ~ Fishbowlで比較してみよう

HTML5 Graphics Benchmark を利用して、VDI環境でのGPU性能をしゃぶりつくしました。

http://ie.microsoft.com/testdrive/performance/fishbowl/

お魚イメージ

とりあえず感動を共有したいので、vSGAとSoft3Dの比較です。。
(もちろん、vDGAも近いうちにこの比較に入れますよ)



■SPEC (GPUあり・なし双方同一の条件)

 vCPU = 6
 MEM = 4GB
 OS = Win7 64bit
 VRAM = 512MB
 3D = True

 ※違いはPool設定で SoftwareかHardwareか だけになっています。



■結果

まず、Autoで「60FPSを下回るのは、お魚何匹まで増やしたら?」というものをやりました。
ご覧のとおり、どっちが何かを説明する必要はないと思います。



結果は 1:800 で、vSGAの勝ち!!
通常のVDIでは、しょっぱなから60FPSを下回っているので、お魚が増えてくれません。

ちなみに、仮想マシン上のCPU使用率は 6% : 24%と 全然消費してくれません。
もっと使い倒せ無いのだろうか。。。いぢめたい


■詳細

ということで、上限は上記の通りですが、
最大2000匹まで徐々に増やしてゆき、FPS値の差を比較してみました。


それでもCPU使用率は 30-40%しか消費しません。100%張り付かない!!


■ということで

GPUのお陰で、VDIではグラフィック処理なんて無理でしょ?という常識を
徐々に壊しつつあるわけです。

まさに「DEFY Convension」


■手前味噌ですが

キビキビと?ピチピチとしたお魚の動きやGoogleEarthの動作について
実際に触ってみたい方、どうぞ遠慮なくご連絡ください。
汐留オフィスでデモします。


0 件のコメント:

コメントを投稿